ギターの弦について

exl148
最近生徒にDIR EN GREYの曲を課題曲として教えているのですが、DIRはチューニングが6弦をオープンCなどかなり低い音にしていますよね。

通常の弦ですと、ダルダルになってしまい、音の歯切れも悪くなってしまいます。

ですので、ドロップチューニングの曲を弾く場合は、ドロップ用の弦が売っているので合わせる事をオススメいたします。ただし、1、2弦もかなり太い物にしてしまうと、テンションが固くなりすぎ、今度はチョーキングがしにくいという問題点もあったりしますので、できることなら、セットの弦だけでなく、バラの弦を組み合わせた方がより弾きやすくなったりしますのでオススメです☆

川崎市溝の口にある当教室では7弦の弦より太い0.60インチの弦を張ったギターもレンタル可能です♪
ただいま無料体験レッスン受付中!!